余市は、日本で初めてりんごの民間栽培が成功し、りんごの歴史がはじまった地です。現在、りんごの産地というと青森県や長野県を思い浮かべる人が多いですが、大正時代には、余市は日本を代表する
産地として全国的に有名でした。ニッカウヰスキーの名前の由来である「大日本果汁(日果)」の最初の商品は余市産のりんごジュースだったのです。現在でも道内一の収穫量を誇る「りんごの町」余市では、さまざまなりんごの商品をお求めいただけます。